交通事故で困っているなら腕利きの弁護士に相談しよう

  1. ホーム
  2. 借金を整理するまでの流れ

借金を整理するまでの流れ

説明

工程をチェックしよう

民事再生で借金を整理するには、まず弁護士か司法書士に依頼するのが一般的です。自分で手続きする事も可能ですが、提出しなければいけない書類の作成、債権者との和解交渉を行う必要がある為、余程法律に詳しくなければ難しいでしょう。よりスムーズに借金を整理したいなら、法律のプロに依頼するのが無難です。民事再生の依頼を弁護士・司法書士に依頼した後は、債権者へ受任通知書を送付する事になります。受任通知書とは債権者に「民事再生を行います」という事を伝えるのと同時に、どのくらい借金があるのかを知る為に、取引履歴を開示してもらうのです。その後、弁護士・司法書士が必要な書類を作成し、裁判所へ民事再生の申し立てを行います。裁判所に申し立てを行ったからといって、すぐに借金の整理は出来ません。民事再生の開始が決定したら、再生委員との面談や場合によっては再生審問を行う事になるのです。面談や再生審問を経て、債権額に異議が無ければ財産目録の提出後、再生計画案を提出する事になります。民事再生で借金を整理する上で、再生計画案は最も重要なポイントです。再生計画案とは残った借金を、どのように返済していくかの計画を記したものです。この、再生計画案がずさんだと債権者の了承を得られず、民事再生で借金を整理する事が出来ないのです。弁護士・司法書士と話し合い、無理のない返済が出来る再生計画案を提案しましょう。再生計画案が債権者に認められたら、返済がスタートとなり民事再生によって借金を整理出来ます。