交通事故で困っているなら腕利きの弁護士に相談しよう

弁護士

得意分野に秀でる

逮捕・勾留・公判など刑事事件の各場面で活躍してくれる弁護士ですが、やはり刑事事件を得意とする弁護士を選ぶと良いでしょう。弁護士会や各事務所のホームページでチェックしておくことも大切です。

説明

借金を整理するまでの流れ

民事再生は、弁護士か司法書士に依頼する所から始まります。その後、債権者へ受任通知書を送付し、必要書類を製作した後は裁判所への申し立てを行います。その後、面談や再生審問を経て、再生計画案を提出します。再生計画案が債権者に認められた場合、返済がスタート出来るという流れです。

夫婦

離婚する時は法律事務所へ

協議離婚や調停で合意できず、離婚裁判となった時は、やはり離婚専門の弁護士に依頼した方が、スムーズに手続きを進めてくれます。知人に専門の弁護士がいなくても、ネットで探せますし、法テラスなどで紹介してもらうこともできます。また協議離婚や調停でも弁護士に依頼すると、その人に有利に取り計らってくれます。

示談交渉に疲れたら

交通事故

プロにお任せしよう

交通事故の示談交渉や訴訟になると、とても素人では難しすぎると感じませんか。また、場合によってはご自分が重い後遺症に悩んでいることもあります。また、交通事故の内容によっては、症状の診断が難しい高次脳機能障害に悩まされることもあります。こうした症状を抱えながら交通事故の賠償金交渉に挑むのは困難です。しかし保険会社側から納得のいく金額が提示されない場合には、どのように解決の道筋を立てれば良いのでしょうか。そこで、お勧めしたいのが「弁護士」への依頼です。近年では自動車保険の特約に弁護士費用も付帯されており、弁護士が必要になった場合付帯されている特約から弁護士側へ一定の金額が支払われます。つまり、金銭的な負担感がなく弁護士へ依頼を行うことが出来るのです。こうした手続きを名古屋でお考えの場合、まずは特約付帯があるなら加入している保険会社へ相談しましょう。保険会社の顧問弁護士側に依頼することが一般的です。また、名古屋の場合、交通事故に関する相談窓口もあります。行政や弁護士会など様々なところで相談に応じているので、こうしたところに相談するのも良いでしょう。名古屋市内の相談窓口に訪れることが難しい場合には、まずは電話で相談を行うことも出来ます。名古屋市外からの相談電話も受け付けているので、名古屋市内での事故で他県在住の場合でもまずは電話をしてみると良いでしょう。必要な相談機関や費用などを教えてもらうことが出来ます。